読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎間板ヘルニアは突然きます。

ヘルニアになってしまった。整形外科体験談。

 

天気がよく晴れていて気持ちが良い朝だった。。。

さっ起きよう。                                ん?起きれなかった。腰に激痛が走り、起き上がることもできない。

10分以上かけて起き上がり、通常歩いて10分くらいの整形外科に25分位かけてなんとか向かった。

整形外科へ。

平日の10時なのに、患者さんでいっぱいの病院で、受付を済まし呼ばれるのをひたすら待った。通院している患者さんはほぼ高齢者で、一種のコミニュケーションの場とかしていた。

病医院なのに明るい感じで、緊張がほぐれた。

 

待つとは思っていたので本を持参。読みながら時間を有効に使ったので、

無駄な時間がなく有意義に過ごせた。

一時間半待ってやっと呼ばれ、先生に症状を伝えた。

 

腰痛は病気じゃない。症状なんですよ。

腰痛の原因は3つあって、あなたの年齢でしたら椎間板ヘルニアかもしれないので、

MRとレントゲン撮りましょう。

 

MRは初めてや(´・ω・`)

緊張。。。

ドームみたいな奴の中に入らなあかんやつやろ。意外にトンネルみたいに長くなく

羽のない扇風機みたいに短い距離だった。

 

機械の指示に従って腕を交差して、手は肩に乗せたまま待機。

何やら動き出した。機械の指示が聞こえづらくて、「呼吸を止めてください」

的な声が聞こえたが、焦ってワタワタしてしまった(・∀・)

 

続いてレントゲン。これは、健康診断で毎回やってるので慣れたもの。。

 

やっと終わり診察結果  ドキドキでしたが、やはり、「椎間板ヘルニア」だった。

でも先生は「心配ない大丈夫!」と若干片言だったが、安心する言葉をかけてくれた。

注射でなおしてくれる。

 

手術とかしないといけないんじゃないかと考えていたから、ホッとした。

軽い症状だったらブロック注射を、定期的に打てば治っていくそうだ。

神経ブロック注射

障害を起こしている部分に、直に局所麻酔薬を注入し、神経を遮断することで、痛みを和らげます。炎症を抑えるステロド剤も注入することで症状を軽減させます。

後日注射をしに行きました。

まとめ

突然痛みにに襲われる 恐怖は辛いと思いますが、今の時代は技術も発達して簡単に

治ったりできるだなと実感した。

しかし健康が一番!!みなさんも、普段から歩くときの姿勢を正したり、重いものを持つ時は、片方の肩だけで持たないなど、工夫をしてくださいね!

私もリュックを購入しました\(^o^)/